公益財団法人 早期胃癌検診協会


個人情報保護方針


個人情報保護方針
 公益財団法人早期胃癌検診協会(以下「協会」という。)は、医療及び高度情報化社会における情報保護の重要性に鑑み、以下の方針に基づき個人情報の保護に努めます。

1 個人情報の保護に関する法令及びその他規範の遵守
 協会は、個人情報の保護に関する法令及び行政機関等が定めた規範・ガイドライン等を遵守します。

2 個人情報保護のための取組み
 協会は、役職員に個人情報保護の重要性を認識させ、各部門の業務内容を考慮した適切な個人情報保護のための管理体制を確立し、個人情報を適切に収集、利用、提供するとともに、情報主体(本人)への個人情報の開示及び訂正等について適切に対応します。

3 個人情報の正確性・安全性の確保
 協会は、個人情報の正確性・安全性を確保するため、個人情報を正確かつ最新の内容に保つとともに、合理的な安全対策を講じ個人情報への不正アクセス、紛失、破壊、改ざん、漏洩等の防止に努めます。

公益財団法人 早期胃癌検診協会
理事長 吉田 操

制定:平成20年4月1日
改正:平成22年4月1日


プライバシー取扱指針
 公益財団法人早期胃癌検診協会(以下「協会」という。)は、受診者の皆様からの信頼を第一と考え、協会に提供されるすべての個人情報を適切に保護することが重要な責務であると認識し、以下のとおり、取扱指針を定め、個人情報の保護に努めます。

1 個人情報の利用目的
 受診者の個人情報は、受診者の病気治療、健康の維持・増進を図るうえで医療を提供するために利用します。また、医療技術、公衆衛生の向上等の公共の利益に資することを目的として利用します。

2 情報の利用・提供
 受診者の個人情報は、「1 個人情報の利用目的」にしたがって、業務上必要がある場合に利用し、以下の場合を除き、受診者の情報を利用し第三者に提供することはしません。
(1)本人の同意がある場合
(2)企業・団体・健康保険組合等から委託を受けて健康診断及び検査を行った場合
 この場合の当該検査結果は、原則として、本人及び委託先に提供します。
(3)受診者に医療を提供するため、他の医療機関等との連携を図ることが必要と判断した場合
(4)受診者に医療を提供するに際し、家族等への説明が必要と判断した場合
(5)業務委託先に情報を提供する場合
 この場合は、協会が情報の管理について責任をもって対応します。
(6)医療の向上を目的とした研究及び情報収集のために個人を識別できない状態で利用する場合
(7)法令により必要であると判断した場合
(8)受診者又は公共の利益のために必要であると判断した場合

3 情報の管理方法
 協会では、個人情報の漏洩、改ざん、紛失及び目的外の利用を防止するため、個人情報の保護に関する法令及び行政機関等が定める規範・ガイドライン並びに協会の内部規則にしたがい、適切にセキュリティを確保した環境で個人情報を厳重に管理します。
 また、個人情報の適切な取扱いについて、役職員に対し必要な教育・啓発活動を行います。

4 個人情報に関する照会等について
 協会では、本人自身の個人情報の照会、変更、訂正(修正)等を希望される場合は、請求者が本人であることを確認のうえ、所定の手続きに基づき速やかに対応します。

公益財団法人 早期胃癌検診協会
理事長 吉田 操

制定:平成21年5月1日
改正:平成22年10月8日




トップページヘ戻る

診療科目・検査のご案内、受付時間
検診のご案内
お問い合わせ・アクセス
個人情報保護方針