上部消化管内視鏡検査

上部消化管内視鏡検査 イメージ

 上部消化管内視鏡は、内視鏡を用いて食道・胃・十二指腸の内部を直接観察する検査です。炎症・潰瘍・ポリープ・腫瘍などを詳しく観察することができます。病変部から組織を採取することで、がんの確定診断に必要な生検病理診断をすることができます。

 当協会では、経口内視鏡のほかに、鼻から挿入する経鼻内視鏡検査を行っています。また、鎮静剤を用いた内視鏡検査も受けることができます。  
 検査による苦痛が心配な方は、予約時にあらかじめご相談ください。

検査の手順

  1. 喉の痛みを抑えたり、嘔吐反射が起きないように、ゼリー状の局所麻酔薬を口に含み、喉に直接あたるよう数分間上を向きます。
  2. 胃の動きを止めるため、注射をします。
  3. 体の左側を下にして横向きに寝ます。
  4. 内視鏡を医師が徐々に口又は鼻から挿入します。ゆっくりと静かに腹式呼吸を繰り返すことで楽になります。
  5. 検査中は、空気でお腹が張ります。ゲップを出さないように深呼吸を繰り返します。

注意事項

1.検査前日

  • 午後8時までに、軽めの夕食を摂ってください。
  • 就寝までは、内服薬、水分の摂取は構いません。ただし、アルコールは飲まないでください。

2.検査当日

  • 検査終了までは、食事、喫煙は控えてください。なお、当日朝、コップ1杯程度の水は飲んでも構いません。
  • 心臓病、高血圧、気管支喘息、てんかん等の薬を内服している方は、当日朝、内服してください。
  • 糖尿病治療中の方は、当日朝、内服、注射をしないで来院してください。
  • 緑内障、前立腺肥大、心臓病、高血圧、糖尿病、薬のアレルギーのある方は、必ず看護師にお申し出ください。
  • 血液をサラサラにする薬を服用している方は、検査前後に休薬が必要となる場合があります。主治医に相談するとともに、検査予約時にお申し出ください。

3.検査終了後

  • 胃腸の動きを抑える注射薬を使用した場合、薬の影響で物が見えにくくなることがあります。このため、2時間から3時間は車の運転、機械の操作等は控えてください。
  • 喉の麻酔が切れる検査後の約1時間は、飲食・喫煙を控えてください。
  • ※検査日のご都合が悪くなった場合には、なるべく早くご連絡をください。
  • ※組織検査を行った場合、当日は食事、アルコール、運動等の制限がありますので、会食等の予定は避けてください。

関連事項

各種検診のご予約と受付時間のご案内


各種検診のご予約と受付時間のご案内


外来・検査予約電話番号
03-3668-6800

人間ドック・健康診断予約電話番号
03-3668-6806