超音波(エコー)検査

 超音波検査(エコー)は、人に聞こえない高い周波数の音波を使い、身体の中の状態を調べる検査です。
 超音波検査は、肝臓・胆嚢・腎臓・脾臓・膵臓といった臓器全般や、血管・乳腺・甲状腺などの検査も可能です。超音波検査は、安全で苦痛のない検査なので、お腹にいる赤ちゃんの発育具合の検査にも使われます。

腹部超音波

 腹部超音波検査は、主に肝臓・胆嚢・腎臓・脾臓・膵臓などを検査するものです。
 超音波の反射波を画像にするので、身体に対する影響は全くなく、診断能力の高い、安全かつ有用な検査です。

注意事項

  1. 検査前日
    • 午後8時までに、軽めの夕食を摂ってください。
    • 就寝までは、内服薬、水分の摂取は構いません。
  2. 検査当日
    • 検査終了までは、食事は控えてください。
    • なお、当日朝、コップ1杯程度の水は飲んでも構いません。
    • 内服薬は、通常どおり飲んでください。
      ただし、糖尿病治療中の方は、内服・注射をしないで来院してください。

超音波(エコー)検査01 イメージ

各種検診のご予約と受付時間のご案内


各種検診のご予約と受付時間のご案内


外来・検査予約電話番号
03-3668-6800

人間ドック・健康診断予約電話番号
03-3668-6806