特定保健指導とは

 生活習慣病の中で「内臓脂肪型肥満」を伴う「糖尿病」「高脂血症」「高血圧」は、お互いに合併しやすく、心筋梗塞や脳卒中などの命に関わる病気を引き起こす可能性が大きくなります。
 日本人の生活習慣の変化などにより、近年、これらの生活習慣病の有病者・予備軍が増加しており、それを原因とする死亡は、全体の約3分の1にものぼると推計されています。
 平成18年の医療制度改革において、平成20年4月から40歳以上の被保険者・被扶養者に対して、メタボリックシンドロームに着目した生活習慣病予防のための健診・保健指導が実施されています。生活習慣病の発症リスクが高く、生活習慣の改善による生活習慣病の予防効果が多く期待できる方に対して、生活習慣の見直しをサポートするのが特定保健指導です。
 特定保健指導には、リスクの程度の応じて、動機付け支援と積極的支援があります。
 医師・保健師などが、対象者とともに、対象者個々人の生活習慣を振り返り、食事や運動など個別の行動目標を設定し、行動目標を達成するために、サポートを行います。

【特定保健指導の階層化】

特保の図1

※特定保健指導の対象外となる方

  •  上記の追加リスクのうち①~③の疾患で服薬中(治療中)、脳卒中・心臓病・腎不全の既往歴のある方
  •  65歳~74歳の方は「積極的支援」該当でも「動機付け支援」となります。

各種検診のご予約と受付時間のご案内


各種検診のご予約と受付時間のご案内


外来・検査予約電話番号
03-3668-6800

人間ドック・健康診断予約電話番号
03-3668-6806