胃がん検診

早期発見・早期治療が重要です。

 現在日本人の胃がんの死亡率は肺がんに次いで第2位ですが、罹患率(胃がんに罹る率)は第1位で、男性で9人に1人、女性で18人に1人が胃がんに罹患し、年間10万人以上の人が胃がんと診断されています。

 胃がんはその進行度とともに救命率が低くなります。早期のがんはほとんど症状が出ません。 胃がんで死なない、身体に負担の少ない方法でがんを治療するためには、症状のないときに定期的に検診を受け、早期発見・早期治療を行うことが重要です。

 診断の方法は内視鏡やX線を使用しますが、熟練した医師や技師が検査を行うことにより、精度の高い検診を提供しています。 当協会では発見がんの90%は早期がんであり、その80%は内視鏡手術で治療が行われています。

 最近ではピロリ菌の有無と萎縮性胃炎の程度を調べることで、胃がんのリスクを調べることができるようになり、新しい胃がん検診の方法について研究を行っています。

上部消化管内視鏡検査 イメージ

上部消化管内視鏡検査

胃部X線バリウム検査 イメージ

胃部X線バリウム検査

  • ※内視鏡検査時に苦痛をやわらげるために鎮静剤の使用を実施していますが、別途料金がかかります。鎮静剤を使用した検査をご希望の方は、予約時に係にお伝えください。

各種検診のご予約と受付時間のご案内


各種検診のご予約と受付時間のご案内


外来・検査予約電話番号
03-3668-6800

人間ドック・健康診断予約電話番号
03-3668-6806